インストラクター紹介

格闘技中継のテレビ解説を数多く務める代表・大沢ケンジをはじめ世界王者や日本王者のプロ格闘家など、確かな技術と実績を誇るインストラクターが基礎から丁寧に楽しく指導します。

和術慧舟會HEARTS代表・大沢ケンジ

大沢ケンジ

2014年までプロの総合格闘家として活躍し、各団体の王者クラスに勝利した実績を持つ。現役時代から技術力は高く評価され、引退後は格闘技中継のテレビ解説も数多く務めるなど、トークスキルは格闘技界でも随一。笑いあり涙ありの指導にも定評がある。私生活では愛娘を溺愛するよきパパ。

・和術慧舟會HEARTS・HEARTS KIX代表
・元総合格闘家(DREAM JAPAN GP 2011 バンタム級日本トーナメント・3位等)
・キックボクシング・MMAトレーナー(UFCファイター等を指導)
・格闘技解説者(専門誌への執筆、テレビ解説、DVD解説等)
X: @kenjiosawa

インストラクター

木下タケアキ(木下カラテ)
木下タケアキフルコン空手世界2位の実績を持ち、驚異のKO率を誇りRIZINや DEEPでも活躍する日本屈指のストライカー。普段は自分の興味のある事をずっと話し続けるマイペースな人。

・2015KWU極真世界空手道選手権大会準優勝
・2016ユーラシアオープン中量級の部3位
・新極真会全関東大会中量級の部準優勝

吉村天弥(天弥)
吉村天弥2004年生まれながらすでに元修斗王者に完勝して打撃も寝技もできるオールラウンダーで世界と戦える期待のホープ。若いのに多趣味

・アマチュア17戦12勝5敗
・2022アマチュア修斗全日本選手権ウェルター級優勝
・2022アマチュアMMA全日本選手権ウェルター級優勝
・プロ4戦3勝1敗
・第29回NEO BLOODトーナメントライト級優勝
・パンクラスライト級5位

鈴木梓文(シモンスズキ)
鈴木梓文組技の極めが強く打撃も前に出る面白い試合のできるプロシューター。
イランで11歳まで育ちイランと日本の架け橋になるとよく言ってます

・アマチュアパンクラス全日本選手権 バンタム級 優勝
・アマチュアパンクラスマーシャルワールド バンタム級 優勝
・アマチュア修斗全日本選手権 バンタム級 優勝

北村彩綺(彩綺)
北村彩綺女子選手には珍しく1発で倒せるパンチを持ってる元日体大のバレーボールプレーヤー運動神経は抜群。とにかく明るい北村
林崇臣
林崇臣しつこい組技が持ち味で拓殖大学で鍛えられた柔道の投げ技は格別。説明するのに普通の人より言葉を要す

・アマチュアMMA16戦10勝5敗1分
・マーシャルワールド杯優勝
・JBJJF第10回柔術東京オープン 青帯・フェザー級 優勝
・JBJJF第10回柔術東京オープン 青帯・オープンクラス 優勝

船田侃志
船田侃志打撃も寝技もノンストップで攻め続ける学習院大学生。試合では止まらないが普段は落ち着いた品のある男

・2023アマチュア修斗全日本選手権フライ級準優勝
・2023アマチュア修斗関東選手権フライ級優勝
・2023アマチュア修斗EXトーナメントフライ級優勝

原雅也
原雅也試合では必殺技のアームロックがよく炸裂する。普段はあまり落ち着きがなくあまり知性を感じさせないが、しっかり教養のある明治大学生。

・2023アマチュアパンクラス東関東選手権ライト級優勝

中村悠磨
中村悠磨距離の長い打撃とパンチ力で打撃の強さが光る。高校を卒業してから身長が10センチ伸びて現在185センチ。どこまで伸びるか注目
江藤公洋
江藤公洋日本屈指のグラップリング力でDEEP王者。持ってる技術のレベルが高すぎてプロ選手でも理解できない事がある。

・全国高校グレコローマン選手権優勝
・全国国民体育大せ会(少年)優勝
・全国社会人オープントーナメント優勝
・第12代DEEPライト級王者

飯野健夫
飯野健夫しつこいグラップラーでどれだけ殴られても前に出ていく気合いの持ち主。困った時はアゴが出る。

・アマチュア修斗関東選手権フライ級優勝
・アマチュア修斗関東選手権バンタム級優勝
・ブラジリアン柔術東日本柔術選手権マスター2茶帯ライトフェザー級優勝

涌井忍
涌井忍プロのキックボクシングからの転向組。膝と肘が得意。みんなを盛り上げるの得意でお酒好き
橋本奏太朗
橋本奏太朗高校を卒業して格闘技経験が無くプロを目指す。足が速い。そしてピュア